2005年09月

2005年09月29日

「ヘビメタさん」が最終回

f3d3cb2d.jpg話題の番組「ヘビメタさん」が、最終回を迎えてしまいました。
人気もあったのに何故だろう?と思いましたが、
初めから半年の限定の企画だったらしいのです。

スポンターであるゲーム会社のスクエア・エニクスのゲーム、
ヘビーメタルサンダー」が発売されるまでの
番組だったようです。

番組存続の署名運動があったそうで、バラエティーとはいえ
昔からヘビメタ好きだった人、この番組を観て好きになった人・・・・
かなり影響の大きな番組でしたね。
ヘビメタさん2」として、復活はないのでしょうか?

それにしても、マーティー・フリードマンは当然として
ROLLYは、ギターがウマ過ぎる。
バラエティーの仕事だけでは、惜し過ぎると思ってました。


http://blog.with2.net/link.php?67071


sinsin.lemon at 10:19|PermalinkComments(10)│ │ロック 

2005年09月21日

ラウドネス 「DISILLUSION(撃剣霊化)」

18651790.jpgラウドネスの名盤、「DISILLUSION(撃剣霊化)」です。
ファンなら誰もが名盤と言う、このアルバム。

私は、この前のサード・アルバム「魔界典章」から
ラウドネスを聴き始めました。
その頃からすでに、他のジャパン・メタルから
一線の越えた感じのバンドでしたが
このアルバムから一気に世界のサウンドになります。

スピード、テクニック、サウンド・・・・
どこをとっても、洋楽のように思えるアルバムでした。
その後、英語バージョンも出ましたが
個人的には二井原実さん(ニイちゃん)は、日本語バージョンの方が好きです。

名曲「クレイジー・ドクター」、「エスパー」など。

スローバラード「アレスの嘆き」のニイちゃんの歌も、たまりません。


sinsin.lemon at 23:40|PermalinkComments(11)│ │ロック | 名盤

2005年09月18日

ラウドネス 「LIVE-LOUD-ALIVE」

057a4b51.jpgラウドネスの初期のライブ「LIVE-LOUD-ALIVE 」が、
最近DVD化されました。
私は、廃盤になっていたビデオの方を持っています。

同じライブを音源(レコード&CD)だけで、
高校時代からずっと、何度も聞いていたので
画像を観た時は、感動ものでした。

若くて動きの良いメンバー、シンプルで攻撃的なサウンド・・・・。
アメリカ・デビュー以降、サウンドがだんだんデジタル化してゆきますが
この頃の高崎晃氏のアナログ的なサウンド・メイキングが、
一番好きです。

収録曲の「ロード・レーサー」は、
バンドで初めてコピーした思い出の曲でもあります。


sinsin.lemon at 18:50|PermalinkComments(4)│ │ロック | 名盤

2005年09月17日

オリジナルのラウドネス

7d492c2e.jpgラウドネスが、ポップ・ジャムに出演。

大相撲の結果を観ようとチャンネルを変えたら、
偶然に観ることができてラッキーでした。

演奏したのは、「クレイジー・ドクター」。
20年前の名曲です。

最近のメタルでは常識となった半音下げチューニングのため
ルーズで重いサウンドでしたが、かえって重厚なアレンジで良かったと思います。

15年前、渋谷のESPでギター・パーツを物色中に
ESPのオフィスから山下さんが出てきました。
なぜかはにかんで会釈したら、向こうも会釈してくれました。
後になって、サインをもらえば良かったかなぁと後悔しました。

山下さんは、背が高かったですね。
(ちなみに私は、二井原さんと同じ背丈です^^;)


sinsin.lemon at 04:53|PermalinkComments(2)│ │ロック