2005年10月28日

ホワイトスネイク 「サーペンス・アルバス」

958bb889.jpgホワイトスネイクの名盤、「サーペンス・アルバス」 です。

このアルバム以降が好きな人と、これ以前のアルバムが好きな人とで
意見が分かれるようです。
このアルバムを録音する前(実際は制作中)、デヴィッドは咽喉の手術をして
以前より声にパワーが出て、ハイトーンになりました。

また、このアルバムから曲を共作するジョン・サイクス
ハードな路線が、新しいファンを獲得します。
ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」、「クライング・イン・ザ・レイン」で
リメイク好きのホワイトスネイクとも言われました。

しかし、全米で大ヒットした時にはジョン・サイクスの姿はなく
エイドリアン・ヴァンデンバーグヴィヴィアン・キャンベルに変わっていました。

このラインナップで来日した際、横浜アリーナで観ましたが
ギター・サウンドにアルバムほどのパワーがなく、
「ジョン・サイクスで観たかった・・・・。」と思ったものです。


sinsin.lemon at 03:08│Comments(6)│ │ロック | 名盤

この記事へのトラックバック

3. カヴァディールペイジ&バンドのポストカード  [ iN-phase,Horyの部屋 ]   2005年12月14日 02:28
随分久しぶりだけど、ロックお勧めアルバムをご紹介しやぁす♪♪今回取り上げるのは、1993年の発表当時は凄い話題になったスーパーユニット、Coverdale/Page。このユニットは、元LED ZEPPLINのギターリストで、ロック...
2. Whitesnake / WHITESNAKE  [ HEAVY METAL CAFE ]   2005年11月20日 00:50
発表は1987年…もう立派な古典か?(笑) 発売後すぐに買って聴いたはいいが、実は、しばらくは妙な違和感を感じてました。 だって、あの D.Coverdale が HEAVY METAL してるんだもん。はじめはCDだから(まだアナログに耳が馴染んでた時代でした)音が尖りすぎてるせ...
1. VAN HELEN  [ オーゴンカープ ]   2005年10月29日 20:49
やはりこのころのVAN HALEN が一番良い! 「JUMP」は私が洋楽を聴き始めたきっかけで1984年を思い出す! ボーカルのデイブリーロスの新体操の選手並みの運動神経と ギターリストのエドワードバンヘイレンだったっけ? 笑顔がたまら....

この記事へのコメント

6. Posted by 鈴実   2005年11月02日 19:45
>カズ(rc42)さん
 スタジオ盤では、Adrian Vandenberg、一応のWhitesnakeラストアルバムとなっている"Restless Heart"で曲作りからレコーディングまで参加しています。でも、はっきり言ってこのアルバムは失敗作。「サーペンス」や"Slip Of The Tongue"が好きな人は、聴かないほうがイイでしょう。落胆することは間違いないですから。
 Adrian Vandenbergが参加しているアルバムということでは、スタジオライヴの"Starkers In Tokyo"の方がオススメです。ただし、このアルバム、名義上はWhitesnakeとなってますけど、David Coverdaleとの2人で行なったアコースティック・ライヴです。
5. Posted by 鈴実   2005年11月02日 19:45
 はじめまして。
 Davidのノドの手術やメンバーとの確執で活動停止状態となり、ようやくリリースされたこの"Whitesnake"で見事に復活。本当にうれしかったです。
 当時、「ベストヒットUSA」という番組で、"Here I Go Again"がチャートの上位に入った際、小林克也さんが「Davidは会うたびに『いつかはやるんだ』と言っていたが、ついにやってくれました」というようなコメントをしていたことが記憶に残っています。
 このアルバムの原題はDavidのソロ1stアルバムと同じ"Whitesnake"。Davidにとってもこのアルバムは"Here I Go Again"となるものだったのでしょう。
 もっとも、その後、John Sykesは脱退してBlue Murderを結成。その1stアルバムで、「サーペンス」は俺なしじゃデキなかったんだぞといったところを聴かせてくれてますけど。
4. Posted by れもん   2005年10月29日 19:08
>maululuさん、

こんばんは^^
応援ありがとうございます^^;
最近、ジョン・サイクスの復帰の噂があったみたいですけど
ダメになっちゃったみたいですね^^;
もう一度、スネイクに参加する姿が見たいです。

>カズ(rc42)さん、

カヴァーデイル・ペイジの後の再結成で、
エイドリアンは、初レーコーディングを果たすんですけど
ほとんどデヴィカヴァのソロのようなアルバムみたかったようです。

> trさん、

はじめまして^^
同じ頃、私も観ました。
デヴィッドのステージングと、トミー・アルドリッジのドラム・ソロに
感動でした^^

3. Posted by tr   2005年10月29日 15:51
はじめまして、れもんさん!
ホワイトスネイク話しにウハウハです。このアルバム大好きです。このアルバムのツアー、代々木競技場に見に行きました。今も鮮明に覚えてます。おととしのライブも見に行って老いて(失礼)なお素敵過ぎるデヴィカヴァに感動、狂喜乱舞しちゃいました。
2. Posted by カズ(rc42)   2005年10月29日 10:32
確かにこのアルバムのギターの音はパワーがあって
攻撃的な感じがしますね。
ドラムも迫力あります。
ジョンはレコーディング終了後に脱退したんでしたよね。
PVなどに写っていたのはエイドリアンヴァンデンヴァーグでしたよね。
次のアルバムではエイドリアンはケガでレコーディングには参加できず、
スティーヴヴァイが全部ギターを弾いたんですよね。
その後についてはよく知らないんですよ。
結局エイドリアンはホワイトスネイクのレコーディングではいっさいギター
を弾けなかったのでしょうか?
1. Posted by maululu   2005年10月28日 16:34
わぁ〜い!!またホワイトスネイクで嬉しいです。
このアルバム大好きです。
ジョン・サイクス・・・やはりそうですよね。(*^^)v
ランキング応援しています。
順位すごいですね。読みやすいしウキウキするステキなブログだもの〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔