シン・リジィ2

2017年09月18日

コージー・パウエルが、大好き!!ゲイリー・ムーアが、好き!!2人をしのんで・・・

ゲイリーはすでにシン・リジに入ってるわけですが、
レコード会社との契約でソロ・アルバムを出します。
メンバーがほとんど、シン・リジィ〜
ドラムが、これまた好きなコージー・パウエルです!!

TVで、この曲をどうぞ!!




sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(6)

2017年08月31日

ジョン・サイクスが、好き!!(その8)

ジョン・サイクスシン・リジィ!!
「ブラック・ローズ」をやっています。
ゲイリーのシン・リジィと、どっちがいいかなぁ〜

最後にライブで、この曲をどうぞ!!





sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(2)

2017年08月30日

ジョン・サイクスが、好き!!(その7)

ジョン・サイクスシン・リジィ!!
再結成しました!!

スコット・ゴーハムも、いるよ!!

ライブで、この曲をどうぞ!!





sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(3)

2017年08月22日

ゲイリー・ムーアが、好き!!ゲイリーをしのんで・・・(その5)

ゲイリー・ムーアシン・リジィ!!
スコット・ゴーハムも、いるよ!!
ゲイリー、マクドナルドのビックマックを2個も食べてるらしい〜

最後にライブで、この3曲をどうぞ!!




sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(2)

2017年08月19日

ゲイリー・ムーアが、好き!!ゲイリーをしのんで・・・(その2)

シン・リジィ、オペラ・ハウスでのライブを
フル・コンサートで、どうぞ!!
ゲイリーが、飛び跳ねております!!

みなさん、最後まで見てくださいね!!





sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(2)

2017年08月17日

シン・リジィが、大好き!!(その11)

シン・リジィが、大好き!!
ちょっと戻って、オペラ・ハウスでの映像です。
この怒涛の2曲が、すばらしい!!

最後にライブで、この曲をどうぞ!!
みなさんはどの時代が、好きかなぁ〜








sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(2)

2005年10月10日

「THIN LIZZY ライブ」 再放送中。

1e4ce384.jpgシン・リジィのライブを
パソコンテレビ「ギャオ
」(無料)で、ただいま再放送中です。

オーストラリアでのTVのショットですが、
とても貴重な
ゲイリー・ムーア在籍時の熱いライブ映像です。

このライブの「カウボーイ・ソング」から
ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン」に続く場面が、とっても最高にイイんです。

みなさんも伝説のシン・リジィのライブをこの機会に


sinsin.lemon at 17:38|PermalinkComments(10)

2005年08月19日

「THIN LIZZY ライブ」 政則さんが解説

54c16ac8.jpg先日紹介したシン・リジィのライブを
パソコンテレビ「ギャオ」(無料)で 、
ただいま放送中です。

なんと驚くことに、
あの政則さんが解説をしています。
政則さんによる熱い解説と、ウラ話が聞けます。

オーストラリアでのTVのショットですが、とても貴重な
ゲイリー・ムーア在籍時の熱いライブ映像です。
このライブの「カウボーイ・ソング」から
ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン」に続く場面が
とっても最高にイイんです。

みなさんも伝説のシン・リジィのライブをこの機会に!


sinsin.lemon at 23:36|PermalinkComments(6)

2005年06月13日

伝説のシン・リジィ、怒涛のライブ!

39a01d48.jpg「よく、1番好きなバンドは何?」
と聞かれます。
「・・・・・・・・。」
正直、困りまってしまいます。

オジーは、別格で
KISSクイーンは当然すぎて・・・・。
特別と言えば、マイケル在籍時のUFO
そして、このシン・リジィなんです。

ジョン・サイクス好きのバンド仲間の影響でハマり
ラスト・ライブをヘビー・ローテーション。
初めはちょっと違和感のある、
フィル・ライノットの語りべ調のボーカルに
聞けば聞くほど心地よくなって、いつしか虜になっていました。
ライブ映像で、シャイなフィルのガッツ・ポーズに
さらに好きになり、今では一番好きなバンドです。

特に、ゲイリー・ムーア在籍時のこのライブが最高で
脱退以降のメタル路線、ブルース路線には興味がなかったのに
鬼人のような形相、鬼弾きのギターに参ってしまいました(汗)
ゲイリーのブレイクのキッカケは、この時期にあると思います。

まったりとしたスコット・ゴーハムとのツイン・リードは
緩急があって最高のコンビです。

ライブ、「ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン」・・・・。
怒涛のライブとは、こういうモノのことを言うんだな!と感動。
現在もこのビデオは、ヘビー・ローテーション中です。


sinsin.lemon at 15:53|PermalinkComments(10)