マイケル・シェンカー

2017年09月20日

コージー・パウエルが、大好き!!+マイケル・シェンカーは、これだね!!(その6)

マイケル・シェンカー・グループのインスト曲です。
マイケルは、酔っ払ってばかりで
実際には、コージーが裏リーダーだったらしい〜

ライブで、この曲をどうぞ!!




sinsin.lemon at 00:00|PermalinkComments(2)

2017年09月19日

コージー・パウエルが、大好き!!+マイケル・シェンカーは、これだね!!(その5)

マイケル・シェンカーは、当然ですが
コージー・パウエルが、かっこいい〜!!

貴重な野外ライブを、この曲でどうぞ!!





sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(1)

2017年09月17日

グラハム・ボネットが、大好き!!+マイケル・シェンカーは、これだね!!(その9)

マイケル・シェンカー・フェストに、
グラハム・ボネットがぁ〜!!
いまは、仲良くやってるみたいですね。

最後にライブを、この曲でどうぞ!!




sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(2)

2017年09月13日

グラハム・ボネットが、大好き!!+マイケル・シェンカーは、これだね!!(その7)

グラハム・ボネットがボーカルの
マイケル・シェンカー・グループです。
レインボーでも名曲はありますが、
マイケル・シェンカー・グループもいい!!

映像がないので、音源でどうぞ!!




sinsin.lemon at 04:00|PermalinkComments(3)

2016年12月02日

マイケル・シェンカーは、これだね!!(その8)

UFOマイケル・シェンカー
ウリ・ジョン・ロートが出ています。

この頃、マイケルは太っていて
カーネル・サンダースみたい・・・

ライブで、どうぞ!!




sinsin.lemon at 00:00|PermalinkComments(0)

2016年11月28日

マイケル・シェンカーは、これだね!!(その4)

その名もマイケル・シェンカー・グループ
ついにマイケルが、自分の名前のバンドを持ちます。

この曲を、ライブでどうぞ!!イラストも、描いてます。

m-chenker




sinsin.lemon at 00:00|PermalinkComments(0)

2005年10月08日

コージー・パウエル、グラハム・ボネットと、マイケル・シェンカー。

7750f279.jpgコージーのドラムとマイケルのギターは、サウンド的には、とても相性が良かったと思います。

レインボー時代が良いという人もいますが、
ちょっとフラメンコちっくなギターのリズムに
コージーの手癖はピッタリ合って、いいノリでした。

グラハムのボーカルのほうも、
レインボーやアルカトラスよりセクシーに歌っていてこの3人がそろった活動を見たかったと、よく思うものです。

最強のM.S.G.を・・・・。



sinsin.lemon at 18:29|PermalinkComments(7)

2005年10月03日

マイケル・シェンカー・グループ 「神」

785e5699.jpgマイケル・シェンカー・グループの名盤で、
ファースト・アルバム「Michael Schenker Group / 神 ― 帰ってきたフライング・アロウー」です。

UFO時代の雰囲気も残ったプレイで、
サウンドも曲もこのアルバムが好きです。

ヘタと烙印を押されている、ボーカルのゲイリー・バーデン
なぜか、スタジオ盤では冴えわたっています。
ライブでは、終始パワー不足のパフォーマンスなんですけどね。

しかし、スタジオ盤になるとセクシーなボイスでシャウトしてます。
ロックはライブ盤が好きなの私も、
M.S.G.だけはこのスタジオ盤ばかり聴いていました。
歴代のシンガーの中で、ソング・ライティングとしてのマイケルの相棒は
ゲイリーがナンバー1だと思います。

クライ・フォー・ザ・ネーションズ」のイントロにゾクゾクします。


sinsin.lemon at 10:15|PermalinkComments(9)

2005年10月01日

UFO 「ライブ!」

4e7b586a.jpgUFOの名盤、「ライヴ」です。

マイケル・シェンカー在籍時のスタジオ盤は、
どれも名盤と言って良い物ですが
マイケルのギターをコピーしようとする者なら、
このアルバムを挙げる人が多いのです。
スタジオ盤より、迫力なあるプレイをしています。

ただ、1つだけいわくがあって
このライブは、ツアー中に録音したテイクの中からベストな物を繋ぎ合わせた物で
中には、マイケルがプレイしていない(失踪中で)
代役のポール・チャップマンがギターを弾いてるテイクに、
戻ってきたマイケルが、あとでスタジオでギターを録音した曲が
混ざっているらしいのです。

しかし、そんなことは解らないほど臨場感のあるサウンドで
他のメンバーをとても良い演奏をしていて、ライブが目に浮かんでくるようです。
このアルバムの中では、「ライツ・アウト」がいい感じですね。

」誕生前夜・・・・の名盤ライブです。


sinsin.lemon at 03:06|PermalinkComments(11)

2005年04月21日

ヒストリー・オブ・UFO

1d8f4bb8.jpgマイケル・シェンカーUFOの秘蔵映像と
インタビューを綴った、ヒストリー・ビデオです。

MSG(マイケル・シェンカー・グループ)から好きになったファンや、
UFOをCDなどの音源でしか知らないファンにとっては、
必見の貴重な映像ばかりです。

マイケル・シェンカーが、なぜ「」と呼ばれるようになったか?
その全貌がこのビデオで理解できると思います。

シャイな彼が、長い金髪と黒の衣装で
無表情で黙々とギターを弾く姿
対照的にMSG時代よりも
荒々しくも冴えたギター・ソロを観ると納得できます。
私自身マイケル・シェンカーを知ったのはMSG以降で、
その時はあまり感動せずグラハム・ボネットの声は大きすぎるな〜
と思っただけで、当時はランディー・ローズに夢中だったのです。

ところがその後、雑誌で
マイケル・シェンカー=「」の根源を知りたいなら、UFOのライブを聞くべし!」
を見てライブCDを聴いたところ、
ランディー・ローズを初めて体験した時と同じ衝撃が走りました。
そしてすかさず、フライングVのギターを手に入れたのは言うまでもありません^^;

インタビューで語るベースのピート・ウェイの
「曲作りでのマイケルとのコンビは最高だった・・・・」の言葉を聞くと
このメンバーだからこそ名曲は生まれたのだなと再認識し、
メンバー間の人間関係で何度も再結成しては別れる彼らを残念に思います。

とにかくマイケル・シェンカー好きで未体験の人は、必見です。
伝説UFOと「」の演奏を体感できます。


sinsin.lemon at 22:31|PermalinkComments(6)